半年後検診【子宮筋腫手術記】

3月中旬、退院後2回目の診察に行ってきました。

1月の人間ドックで「筋腫ありますね」と言われ。

2週間後に届いた結果表にも、バッチリ「小掌大」と書かれ。

ワタシのからだって一体・・、いや、お医者さんの見間違いかもしれぬ! とモヤモヤを抱えながらの診察です。

まつエク先生、本日もバッチリ決まってます。

「何か変わったことはありますか?」

「生理痛が手術前より少し痛い気が。あと、人間ドックで筋腫があると言われました」

「えっ!? まさか! 診てもらったのは内診?超音波?」

「内診だったような・・・」

「だったら子宮が大きいから見間違えたのかもしれませんね。内診してみましょう」

どうか間違いでありますように・・・!

・・・。ありますね、小さいのが2つ

おいっ!ワタシのカラダ!!ちょっとは我慢せんか〜いっ!!

「2cmくらいのが2つ。小さいからとりあえずは気にしなくてだいじょうぶです。生理痛が出る位置にはないから、痛みとは関係ないと思いますね」

半年前に、目に見えるものは全部とってくれたはずなのに、すでに2cmって・・・。

大きくなる予感しかしない。

これからも通院を続けるのかと思ってたら、

「うちの病院は今回で終わりでいいです。毎年人間ドックで、内診じゃなく超音波で大きさを確認して、大きくなって指示がでたらまた来てくださいね」

そうなの? それでいいの?! まつエク先生とも、お別れですね。

最後ならば、と、今まで聞かなかった質問を。

「筋腫を大きくしない方法とか生活習慣はありますか?」

3回目の手術は嫌なのです、大きくしたくないのです・・・!ぜひとも・・・!

ないですね

クールなお顔で、キッパリ言われました。

ないのか〜〜い!

大きくしない方法はないから、ちゃんと様子を見ながら対応していくしかないそうで。

1回目と2回目、どちらも開腹で、2回目が大変な手術になっちゃったのは、ワタシが婦人科を避け、経過観察をちゃんとしなかったから。

できたものはしょうがない。回避法がないならそれもしょうがない。

ワタシは、筋腫ができやすいし、大きくなりやすいカラダなのだ。

だから今度はちゃんと経過観察を続けて、必要な時に必要な治療が受けられる状況を自分で作っていくしかないんだ。

って思うけど、それでもやっぱり恨めしい自分のカラダ・・・!

できれば閉経まで逃げ切りたい! でもまだたぶん10年以上。

ちょっとでも大きくならないことを祈りながら、まずは生活改善だ!(と書きながらお菓子食べる・・・)  

★ランキング参加中★応援よろしくお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へにほんブログ村

子宮筋腫ランキングへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • はじめまして。
    来月施術を受けるにあたり、ネット見ていたらこちらみつけました。
    病院の説明だけでは解らなかったことがたくさんでした。
    わたしの筋腫もなかなかに大きく、いつんさんぐらいの傷になりそうです。
    パジャマとかペットボトルのストローなど、参考に買い物したいと思います。
    もうすぐなので怖い気持ちですが、しょうがない、成るようになるですね。
    いつんさんもお気をつけて。
    より良くなって行きましょう。

コメントする

CAPTCHA


contents
閉じる