仰天!病院スタンプラリー【子宮筋腫手術記】

contents

7月31日(月) 続き

内科、外科の受診が増えて、麻酔科、婦人科入れてのスタンプラリーが始まります。

まさかの仰天ゴールが待ってるとは、この時は想像してませんでした。

まずは2階の内科の受付へ。

空いてる椅子に座って待つこと30分、呼ばれる気配は一切なし。

先に外科で受付だけしておけばいいと気づき、1階の外科へ。こっちも受付混んでる・・・

また2階内科へ戻り待機。もうすぐ呼ばれるよリストに番号が出たのが11:05。10分には麻酔科へ行かぬとならぬのに!受付の人に説明し、麻酔科へGO!

麻酔科は3階。手術室の1つ目の扉をくぐったとこのスペースで美人先生から説明を受けます。

前回の手術で麻酔した時のことなど、不安なことを伝えます(自分の感覚では、足の麻酔がなかなかとれなかったのです)   気になることはきちんと伝えてプロに判断してもらった方がいい。前回のCTで学びました。

口の中のチェックなどして麻酔科終了です。

急いで2階内科に戻って受付に伝え、再度待機。呼ばれたのは30分後。

おじさん先生の説明は、尿酸値が高いので痛風の危険あり、コレステロール高いので痩せたほうがいい、でも手術には支障なし。ということで内科終了です。

続いて1階外科で30分ほど待機。

こちらはお兄さん先生。マッチョな感じで、手術には体力いるのかなーと妄想していると

「胆嚢の中に小さな石がたくさんありますね、知ってました?」

「今日知りました」

「自覚症状ありますか?脂っこいものを食べるとお腹が痛くなるとか吐き気がするとか」

「ないです…」

先生の説明では

  • 胆嚢の中に結石ができる胆石症
  • コレステロールなどが要因で結石ができる
  • 石が胆嚢から出ようとするときに強い痛みが出る。ずっと無症状の人もいる
  • CTを見ると小さい石がたくさんある、こういうのは症状が出やすい
  • 治療は手術による胆嚢摘出(石だけ出すのはできない)
  • 胆嚢をとっても日常生活に支障はない
  • 子宮筋腫の手術のとき、一緒にすることはできるが、開腹がかなり大きくなる。また手術まであまり期間がない中、急いでやると良くないことが起こることも
  • 一旦子宮筋腫だけとって、それが落ち着いてから改めて考えるのがよいと思う

ぽっかーん、です。

まさか1か月のうちに2つも手術をうながされるとは・・・!

子宮筋腫は手術覚悟でいたけど、胆嚢結石はまったくのサプライズ!いきなり手術を勧められるとは…! 衝撃が桁違いです。

現時点で自覚症状はまったくなく、いきなり子宮筋腫と同時手術をする覚悟はできなかったので、手術が終わったら再診受けることにし、一旦今日は終了です。

2階の婦人科に戻り、看護師さんとお話し。前回は腹帯やストッキングを自分で用意したけれど、今回の持ち物リストになかったので確認すると

  • ストッキングは病気で用意
  • 腹帯は使ってない。使わないほうが傷の治りがいい(そうなの?!ちょっと不安だけど)

これにてスタンプラリー、全て終了です。

すでに13時。14時から会議のため、今日もおいしいランチはお預けです(泣)

まさかの別の手術提案を超えてのゴールになるとは・・・。

内科も外科もどちらもコレステロールの取りすぎが発端のよう。痩せなければ・・・

本日の診療費:640円

★ランキング参加中★応援よろしくお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へにほんブログ村

子宮筋腫ランキングへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


contents
閉じる